損保には自賠責保険と自動車保険がある

損保にて自動車の保険は大きくわけて2種類に分ける事ができます。1つは強制保険として車を使う時には契約を義務付けていて、損害保険会社にて契約を行う自動車損害賠償責任保険または共済組合にて加入を行う自動車損害賠償責任共済で自賠責保険と呼ばれています。もうひとつは任意保険で自動車保険とも呼ばれていて、自賠責保険ではカバーしきれない部分の補償を行いますが強制保険とは異なりあくまで任意なので自動車を利用するすべての人が加入している訳ではありません。ところが自賠責保険だけでは補償が不十分です。万が一事故を起こしてしまった場合に加入していないと相手方への補償、自分や同乗者への補償、自分の車への補償とすべて自己負担になってしまいます。自動車保険はすべて同じ補償ではなく個人個人に合わせてカスタマイズする事ができます。自分にあった補償を探してプランを組み合わせる事が可能です。

損保会社ごとに料金や補償内容が異なる自動車保険

自動車保険にはふたつの種類があります。それは、自賠責保険と任意保険です。自賠責保険は通称強制保険として知られていて、国で制定し全ての車両に加入の義務があります。自賠責保険は交通事故の被害者が最低限の補償が得られるように制定された保険なので、補償は人身損害賠償だけとなっていて支払額の限度もあります。また自賠責保険は国の保険制度なので、どこの損保会社を経由して契約しても料金・内容とも同一です。一方の任意保険は、自賠責保険ではカバーしきれない補償を補うために契約する保険で、加入するかどうかは個人の判断によります。任意保険はそれぞれの損保会社が独自に制度を開発していますので、自賠責保険とは異なり会社やプランによって料金や補償の中身は異なります。もしも交通事故を起こしてしまったら、最初に自賠責保険を適用し、自賠責保険の補償を超える部分が任意保険で補償されます。

損保会社を比較して自動車保険に加入

保険会社には大きく2つの分野があるとされ、それぞれの分野で多くの会社が存在します。そのうち、第二分野が損保会社になります。火災保険や自動車保険を扱っていることが多く、もちろん保険料は異なります。保障内容も異なることが多いです。もし、自動車を保有して任意保険に加入するのであれば、保険会社を比較する方が良いでしょう。入り方としては、自動車を購入するときに契約をする方法が一般的でした。納車に合わせて加入ができ、加入漏れなどもありませんでした。今は自由化が進み、ネットであったり、電話などで契約をすることができます。自分で情報を集めて加入することができます。車種や年齢、等級などによって保険料が変わるので、それに応じて選ぶとよいでしょう。安くなるところの中から、自分が必要とする保障が付いているところを選びます。